HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第90回 安田博道

『とうめいのかたち展』

今度知り合いの建築家と「とうめいのかたち展」をすることになった。
以前、彼らとFACTRY PROJECTを立ち上げたのだけれども、今回はその活動の一環です。[FACTRY PROJECT]とは、かいつまんで言うと町工場とクリエーターが共同してプロダクト(商品)を開発しようという企画。それも生活に添うモノを対象として。今回の展覧会では株式会社さくら樹脂(アクリル加工)の全面的な協力を得て、今、慌ただしく準備しています。

正直言って製造業は日本社会では分が悪い。というか、かなり・・・
あらゆるものがカタログで手に入るような社会では作り手の苦労が見えづらいし、他方商品に対する要求は大きくなっているので開発に対するリスクがどんどん高くなっている。もう製造業だけの問題ではなくて社会の構造的な問題だよなあと半ば諦めながらも、どこかで「そんな社会だって出来る事はある!」とプルプル気持ちを奮い立たせて、今回の展覧会に加わった。

仲間のデザイナーや建築家がアイディアを出して、いろいろな商品を作った。
テーブルあり、椅子あり、お皿あり、ハンガーに傘立て、はてはお線香立てまであって、17組のデザイナーの作品がバラエティ豊にイイ具合に仕上がったと思います。
皆さん、是非足をお運び下さいね。

会期:12月10日から24日まで
場所:東京都港区南麻布2-1-17白ビル
http://www.factoryproject.jp

2006/12/09

>コラムINDEXへ戻る