HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第73回 青木恵美子

『 セルフインテリアコーディネート教室 』

おっと忘れていました!今回のコラムが私だということを。締め切りが今日だということも。 最近頓に忘れっぽくなっているし、生活が荒っぽくなっている。年相応にもっと優雅に暮らさなくては。。。と反省しきりである。
前回に続き、また地方出張に先週行っていました。前回は山口県の温泉町でしたが、今回は北海道札幌で、今回滞在していた2日間はちょうど【札幌よさこい祭り】でした。 土曜日午後札幌に到着してそのまま仕事会場に向かい、夜も約束があり街のにぎやかさには気がつきませんでしたが、日曜日朝ホテルから仕事会場に向かうタクシーから異様な光景が目に飛び込んできました。聞けば、これが噂の【札幌よさこい祭り】 どこにこんな人が潜んでいたのだろうかと思うくらい、通りは人でごった返していました。普段は静かな札幌大通公園もこの日は、派手なハッピ姿の人々が北海道中からやってきて踊りまくるそうです。思わずタクシーを下りしばし見学。。。踊る阿呆に見る阿呆。。。参加してみたかったのですが、あいにく勇気と度胸がなく派手な衣装を面白がって見学し、後ろ髪を引かれる思いで仕事会場に向かいました。

日本人の温泉好きの多さにも驚きましたが、お祭り好きも多いということを再認識しました。 こんな風に自分を忘れて陶酔できるものがあったら人生楽しいのだろうなあ。。。

さて話は変わりますが、この場を借りてお知らせです。
長年考えておりましたセルフインテリアコーディネート教室を開催致しました。 日本人のインテリア感性向上の啓蒙活動としたいと思います。 故宮脇壇先生が日本人はインテリア感性が乏しく、それを学ぶ機会も場所もない。 というようなことを仰っていたと読んだことがあります。 家具を持たない日本人の生活に戦後生活スタイル変化で導入された家具文化。 どこか私たちのDNAの中に家具文化の感覚がすり込まれていないようで、ちぐはぐなインテリアを目にすることがあります。それを解消する為に自分のライフスタイルに合った暮らしを演出するインテリアの考え方を導く教室です。2月のコラムに「家は買うものでなく、作るもの」とありましたが、インテリアも自分達の感性で自分達の暮らしに合わせたインテリアを作って欲しい! と私も願います。(北海道出張は、セルフインテリアコーディネート教室の仕事でした。)
http://www.aaplan.com/i_style/

2006/06/30

>コラムINDEXへ戻る