HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第275回 高橋晶子

『 小さなパブリックスペース 』

唐芋の畑が広がる熊本県阿蘇村に点在する芋倉(いもぐら)。
農家さんの所有なので公共物ではないけど、その場の風景を決める「建築家なしの建築」現代版ととらえ、パブリックなアイテムとして紹介することにしました。

できるだけ内部を恒温恒湿に保つため、地中に半分埋めて土をかぶせています。阿蘇にたくさんある古墳みたいですが、換気塔があるので呼吸してるものの場所だとわかります。サツマイモが貯蔵されています。
一緒にいた塚本由晴さんが熱心になかを覗いていました。

2014/12/17

>コラムINDEXへ戻る