HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第264回 服部郁子

『 認め印 』

建築確認申請のために、杉並区役所にでかけた。建て主さんから認め印を預からなかったので買い求めた認め印の印影がなかなか良い。建て主さんも気に入ったようで、いい印影だ、と仰る。次に出掛けた時に自分の認め印を買いたくなって、その印鑑を見せ、これと同じ書体のものをと頼んだら、「これは、お父さんが彫ったものだわ」と言いながら奥の引き出しから取り出してくれた。亡くなった印鑑屋のご主人の手彫りのものだったようだ。事務所に帰って友人にその話しをしたら、今度行ったら買って来てと頼まれて、またひとつ認め印を買った。その後、娘が結婚するので新しい認め印をと思ってまた買いに行き、結局4回も足を運ぶことになってしまった。どれもおおらかな印象の印影だ。さすがに顔を覚えられて「父も喜びます」と言ってくださった。杉並区役所となりの太陽堂さん。1個300円の普通の認め印のことなのだが。

2014/05/19

>コラムINDEXへ戻る