HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第263回 荻津郁夫

『 窓からの風景、みなとみらい2002-2014 』

今日は5月2日、ゴールデンウイークの真只中、暦は平日とはいえ天気もいいし事務所での仕事も心ここにあらず。20年目を迎えた事務所の中の整理をこの連休に自分に課したものの、なかなか進みません。
2009年以来久しぶりに窓からの風景をお伝えします。
大桟橋に2隻の豪華客船が横付けされています。
Xマークが「セレブレティ・ミレニアムCelebrity Millennium」、
黄色い煙突が「コスタ・ヴィクトリア Costa Victoria」

Webカメラの画像を拝借すると、こんな様子です。

「セレブレティ・ミレニアム」は、5/2の12:00に神戸から入港、明日5/3の15:30神戸に向けて出港。総トン数:91000トン、全長:294m、全幅:32.2m、乗客定員:2038名、乗組員数:999名、客室数:1019室、マルタ船籍、2000年就航。
「コスタ・ヴィクトリア」は、5/2の8:00にチェジュから入港、今日5/2の17:00プサンに向けて出港。釜山・佐世保クルーズでの寄港。総トン数:75166トン、全長:252.9m、全幅:32.2m、乗客定員:2464名、乗組員数:800名、客室数:1019室、マルタ船籍、1996年就航。
それぞれビル1棟が動いていくわけで、夕方の出港の場面が楽しみです。
韓国での事故のニュースがまだまだ映像とともに日々流されているにもかかわらず、それぞれ2000人以上の方々がクルーズを満喫されているのですね。
少し目を右に転じると、前回2009年に工事中だったマンションも完成し、横浜駅東口駅前には大きな本社ビルが立ち並び、西口には新たな駅ビルの工事も始まっています。

[2014.05]

2011.3.11では、埋め立ての地面が波うち、事務所内は本や資料が飛び散り、風景が一変したのでしたが、計画は粛々と進められていきます。
マリノスグランドとその海側の空き地がいつまでこのままなのか、窓から船が見えなくなる日が来てしまうのか、空き地をほっておける都市計画、いやそれでは計画とは言わないのかもしれませんが、を発想できないかと夢想しています。
参考までに今までの写真も添付しておきます。


[2008.08]

[2007.08]

[2002]
2014/05/03

>コラムINDEXへ戻る