HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第239回 水口裕之

『 良さげな団地 』

最近、よく通る自宅近くの団地。

築40年近く年月を経て大きく育った木々や、余裕たっぷりの配棟。緩やかな起伏を伴った豊かな動線とそのシークエンス。管理も行き届いている様子 で、これはかなりの名作団地かも。
ここは公団の分譲団地なのですがオープンスペースの豊かさという面ではどの民間のハイグレードなマンションも遥かに凌いでいるでしょう。

各住戸は50平米程度、エレベーターなしの5階建てなので外部空間の豊かさとのギャップの大きさも特筆すべきかもしれません。同じ頃に建設された 近隣のUR賃貸住宅では、建築家の隈研吾氏やクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏がアドバイザーとなって団地再生計画が始まったようで、長期のプロジェクトとなってしまうのでしょうが、どうなるか楽しみです。

都心では「ヴィンテージマンション」などと呼ばれるようになった古くて質のよい集合住宅がその価値を認められ、もてはやされているようです。
建築物としての耐用年数にはそれなりの限りがありますが、このような上質な団地も、有用な都市資産としてうまく残していって欲しいと思います。

2012/04/27

>コラムINDEXへ戻る