HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第211回 保坂 猛

『 プリンアラモード 』

現代建築。やはり、現代の技術を使って新しい今を作り出している建物は見るのも楽しいし、何より刺激になり勉強になる。近代建築も、それよりも遥か時代は遡り紀元1世紀頃のパンテオンも、いやいや紀元前のピラミッドも、その時代の最先端で最高の技術を持って作られた建物は、現代でも人々の目も心も引きつけて止まないものである。建築を見て歩く事は何より好きだが、一方で、その時代の最先端だったものが、古き良き物として残っているものを体験する事もまたワクワクして楽しい。横浜はそんなワクワクの宝庫である。

本日の紹介は皆さんよくご存知の「ホテルニューグランド」。ここのスパゲティーナポリタンとシーフードドリアとプリンアラモードのお話。この3つ、ホテルニューグランドが発祥の地である。このメニュー、昭和の頃には喫茶店の三種の神器であり、今では日本中のファミリーレストランに写真付きでおいてある代物。でも『最初』って凄くないですか?最初に考えた人、やっぱりすごいなぁ。シーフードドリアは風邪を引いた銀行家の為に初代のスイス人のシェフが考案したメニュー。宮崎駿が半径3m以内にヒントは隠されていると言っていたけど、まさにその通り。本館1階の『ザ・カフェ』で¥1,900で食べられます。もちろん、今時のキラキラしたケーキを食べに行くのも楽しいけれどたまにはノスタルジックにプリンアラモードを横浜散策の途中に如何ですか?

2011/02/19

>コラムINDEXへ戻る