HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第203回 中村高淑

『 工場夜景ジャングルクルーズ・アドベンチャークルーズ 』

横浜といえば港町、港といえば船。
ということで、ときどき横浜から船に乗ります。
上のような写真は横浜らしい風景として良く目にすることでしょう。

が、先日、「工場夜景に萌える」というちょっと趣きの変わったコンセプトのクルーズに参加したので、その様子を紹介します。
京浜や根岸湾の工場地帯をぐるりと周遊し、工業群やプラント、コンビナート、作業所などの夜景を楽しむものです。

「工場夜景ジャングルクルーズ・アドベンチャークルーズ」 http://www.reservedcruise.com/fact/

動く船の上で夜景写真はすごく難しい・・・
夜景に強く、手ぶれ補正機能がついたカメラが欲しいところです。

実用第一で作られた工場群に保安上や作業上必要だから照らしているライト。
そこには映画「未来世紀ブラジル」や「ブレードランナー」などに描かれていたような、ひと昔前に想像していた近未来世界の姿があり、決して美しさを意識した建築物でも景観のためのライトアップでもはないはずなのですが、その迫力と美しさは一見の価値ありです。
首都高湾岸線の根岸付近でも工場群の景色が楽しめて、好きなドライブコースのひとつですが、船上からの景色は水面の反射や風、潮のにおいなどが加わり、また格別です。

この日は建築家協会の仲間達とクルーザーをチャーターしたので一般客がいなかったのですが、聞けば定期運行の企画は常に予約でいっぱい、それも女性が圧倒的に多いとのこと。僕は妻を同伴しての参加でしたが、妻も嫌いじゃないようでとてものめりこんで楽しんでいました。

皆さんも、興味がありましたらぜひお出かけになって工場夜景に萌えて(笑)みてください。

2010/08/27

>コラムINDEXへ戻る