HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第192回 土田拓也

『 隙間にあるいいトコロ 』

横浜の好きな場所という題材は、長らく続いていて、僕が書くのは2回目。
好きな場所ねー、たくさんあるのでどうしようか?
今回も地味にいきます。
今回は、根岸公園と馬の博物館の間というか隙間にある公共のベンチ。
実際には、両者どちらかの敷地内なのだろうけど良くわからないので、僕は「隙間」と読んでいる。この季節になると、早い時期に背中側にしだれ桜が咲き、それが散ると前面にソメイヨシノが咲いたりと、色々な桜がタイムラグを持って、咲き続ける。

このベンチは、仕事の息抜きにサンダル履いて、ほぼ毎日座る訳で、僕の第2のリビング。
公園に入れば、開けた気持ちよい空間があるのだけど、こういう隙間は隠れ家みたいで、なーんか落ち着く。

ということで、今回の横浜の好きな場所紹介は、「根岸公園と馬の博物館の隙間」でした。

2010/04/09

>コラムINDEXへ戻る