HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第186回 高橋晶子

『 横浜の好きな場所その2:馬車道大津ビル 』

車道大津ビルは、area045のメンバーを含む建築設計関係の事務所が以前から集結していて、「建築家が好きな横浜の場所」のひとつとなっています。
馬車道沿い、ドーム屋根の県立博物館の交差点はす向かい。芸術文化振興の街づくりや馬車道駅開設などが追い風になったロケーションです。竣工は1936年だからもう73歳。横浜市から歴史的建造物に認定されながらも、昨年耐震補強を済ませ、しっかり現役で活躍中です。
博物館の重厚なファサードとからまる四季おりおりの窓景は美しく、天井も高くて、コンパクトながらゆとりが感じられます。


事務所内観 写真

窓景・雪の県立歴史博物館
2009/12/12

>コラムINDEXへ戻る