HOMEコラムINDEX>建築家のコラム
第173回 土田拓也

『 ウチのコノ位置 』

横浜といえば、いい所がたくさんある。
臨港パークに赤れんが、山下公園に大桟橋・元町・野毛・馬車道・外人墓地、もっともっと。。。。
たくさんあって大好きだから、この街に住んでいる。
でも結局一番好きなのは、「自分ちのソファの一番はじっこ」かな。
ウチの前には根岸森林公園があり、東側には海、北側にはベイブリッジやみなとみらいのビル群が見える。
大きく隆起を繰り返す根岸森林公園には、曜日を問わず、そして国籍を問わず、色々な人が自由に時間を過ごしている。
不思議と公園内では、知らない人同士が、ちゃんと気持ちの良い挨拶を交わせる。
そんなところに位置する我が家は、築38年のマンションをちょっとだけ改造して、なんとか住めるように保っている。
賃貸ですけどね。
スキマ風は当然だし、上階の足音は聞こえるし、断熱なんかされているはずがない。
ベニアを貼っただけの床では、たまに土足で上がってくる人もいたり。
この小さな空間に、時には20人以上の人がワイワイ集まったり、一人で楽しい事を考えたり、落ち込んだり。

そんなウチのリビングに置いてあるモビリアのソファの一番窓側が僕のお気に入りの場所。

自分の「居場所」を持つ事は、人にとってとても大きな充足感なんだと思います。
それは、自分の家を持つ事だったり、週末に趣味で過ごす場所だったり、仕事での自分のポジションだったり。
僕のはもっと小さくて、「ソファのはじっこ」。
でも、ものすごく充足感を感じます。

自己満足でいいんだと思うんですよね。
それは誰かの価値観や一般的な価値観ではなく、自分が それに思いを寄せることが大事なのです。
僕は、ここが好きとか、これが好きとか。
成熟するとは、地味な事が多いんだと最近思うんです。。。

すみません、横浜の紹介になっていないですね。

2009/08/29

>コラムINDEXへ戻る