HOME建築家一覧>宮 晶子

1986年日本女子大学家政学部住居学科卒業
1986年レーモンド設計事務所
1991年アルテック建築研究所
1997年STUDIO 2A主宰
2000年〜2011年 横浜国立大学非常勤講師
2001年〜2010年 東海大学非常勤講師
2011年東京理科大学、芝浦工業大学、
神奈川大学非常勤講師
2012年〜日本女子大学 准教授

1999年「那須の山荘」栃木県マロニエ建築奨励賞
2000年「那須の山荘」AMERICAN WOOD DESIGN AWARD CITATION AWARD受賞
2003年「ZEBRA chair」杉コレクション 優秀賞
2004年「kogota seminar house」SDreview 入選
2010年「house I」第26回新建築賞(吉岡賞)
2011年「house K」JIA(日本建築家協会)新人賞
2013年「京浜急行電鉄高架下新スタジオSite-B」神奈川建築コンクール優秀賞
2015年「食堂の壁」でGood Design賞
2017年「食堂の壁のはなれ、屋根と窓のある家」第6回木質建築空間デザインコンテスト最優秀賞

コラム
2014/11/28『開口部の魔法』
2011/09/05『都市の音』
2011/03/19『青少年センター』
2009/11/07『馬車道エトセトラ』
2008/09/27『夏休み』
2006/05/02『玄磧坂』
2004/12/07『つながっていること/すべて/ひとしく』
一級建築士事務所 STUDIO 2A
住 所 〒160-0002 東京都新宿区 四谷坂町6-1 Jハウス1F
電 話 03-6273-0696
FAX 03-6273-1056
URL http://studio2a.jp
メール info@studio2a.jp
小学校の5年生の時、横浜に住みはじました。

大学、就職などで活動の拠点を東京に移して横浜を十数年離れていましたが、縁あってまた横浜に戻り馬車道にある古ビルの一角で活動しています。

東京に比べると、時間の流れがゆっくりとしていて、じっくりとものを考えられます。

お店や街の人ともすぐ顔見知りになれ、日々のちょっとしたコミュニケーションができることや、夏の夕刻に窓から入ってくる浜風はとても気に入っています。

住宅には年月にともなう家族の変化や日々の気分の変化を受けとめることができるような、おおらでいろいろな場所があるといいと思います。

そのような許容力のあるスケルトン(骨格)を土地の特性をいかして緩く用意しておく。
そのためのお手伝いをしたいと考えています。

映画、現代美術鑑賞や旅行など
<<前の建築家へ 建築家一覧へ 次の建築家へ>>