HOME>イベント、メディア情報
2017年1月
[展示会]

area045が発足して15年。互いが最強のライバルでありながら、いつしか気心の知れた仲間となった私達。それぞれの多様な個性を、敬意をもって、また時には「あ〜あ、あいつったら」と微苦笑まじえて受け止め合い、年齢や建築界での立場を超えた同志として交流しています。
「建築家の素顔展」はそんな私達の最近の仕事について、いやそれより、知っているようでまだ見ぬ互いの素顔について披露し合おうという企画です。出展している本人達が一番楽しい、などということの無きよう、ご来場くださった皆様にお楽しみいただければ幸いです。

会 期:2017年1月27日(金)〜2月3日(金),午前10:00〜午後 5:00
休 館:毎週水曜日(祝日の場合は営業)・夏期・年末年始
場 所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番5号
横浜アイマークプレイス3階
交 通 みなとみらい線「新高島駅」より徒歩3分
みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩5分
横浜市営地下鉄「高島町駅」より徒歩10分
JR線「横浜駅」より徒歩15分
URL:http://www.lixil.co.jp/showroom/kanto/lixil_yokohama/
入場料:無料

2016年11月
[受賞情報]

平成28年度 神奈川建築コンクール

一般建築物部門 アピール賞(環境)受賞
神奈川大学横浜キャンパス29号館(国際センター)
設計:(有)鈴木アトリエ
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0721/kanagawa-architecture-concours/gallery/60/general.html#Kanagawa_university

住宅部門 優秀賞 受賞
HOUSE 119
設計:株式会社保坂猛建築都市設計事務所
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0721/kanagawa-architecture-concours/gallery/60/house.html#House119

2016年10月
[展示会]

area045が発足して15年。互いが最強のライバルでありながら、いつしか気心の知れた仲間となった私達。それぞれの多様な個性を、敬意をもって、また時には「あ〜あ、あいつったら」と微苦笑まじえて受け止め合い、年齢や建築界での立場を超えた同志として交流しています。
「建築家の素顔展」はそんな私達の最近の仕事について、いやそれより、知っているようでまだ見ぬ互いの素顔について披露し合おうという企画です。出展している本人達が一番楽しい、などということの無きよう、ご来場くださった皆様にお楽しみいただければ幸いです。

会期:2016年10月11日(火)〜18日(火),午前10:00〜午後 8:00(最終日 6:00)
場所:横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階,シビルプラザ
入場料:無料
2016年8月
[書籍・雑誌掲載]
保坂 猛 新建築住宅特集8月号に「名古屋のコートハウス」が掲載されました。
2016年6月
[展示会]

6/7から6/10まで関東学院大学 人間環境学部 にて
「鈴木アトリエ 1/100 住宅模型 70個 展」が開催されました。
最終日には、鈴木信弘さんと横山敦士さんの対談も行われました。

2015年12月
[書籍・雑誌掲載]
増田 奏 『文藝春秋』2016 1月号
「セカンドライフの住まい」について、インタビュー記事が掲載されました。
http://homepage3.nifty.com/sma/pg108.html
2015年8月
[書籍・雑誌掲載]
鈴木アトリエ
日経おとなのOFF 2015年9月号
〜人生後半を楽しむ!死ぬまで住みたい家〜
日経BP社発行
・Case06に「東橋本K邸」
・P.46 〜「片づく家」作り、5つの鉄則
が掲載されました。
2015年7月
[書籍・雑誌掲載]
神奈川新聞社 ハイスクールエイジを応援するフリーマガジン「エイチピー」2015.07 No24 夏号のお仕事図鑑の項に、建築家の仕事について「発想が生まれ、依頼主と共有し形になっていく喜び」と題した保坂猛さんのインタビュー記事が掲載されました。
PDF:http://www.kanagawa-shimbun.jp/hip/backnumber/21-30/20150703.pdf
2014年12月
[活動報告]

「中心のある家(阿部勤自邸)」見学
2014.10.19に、建築家の阿部勤さんの自邸「中心のある家」を見学させていただきました。area045メンバーの参加者が8名。メンバーのスタッフが3名。ゲスト建築家が2名。計13名が参加しました。阿部さんのご好意で、見学だけでなくお庭でバーベキュー体験もさせていただけるということで、大量のお酒と食材を買い込みお昼過ぎに訪問いたしました。
「中心のある家」は様々なメディアに取り上げられているので、間取りや仕上げ等の建築的な紹介はそちらを参照いただくとして、当日の様子と感想をお伝えしたいと思います。 言い出しっぺの私と、日本大学芸術学部で阿部氏に教えを受けたことのある当社のスタッフが訪問したとき、阿部さんは外出中でした。連絡ミスかと思いつつも、鬱蒼と茂る緑の中に、たたずむシンプルな箱のような家を眺めていました。住宅地の角地にあるRC造打放し仕上げの住宅なのですが、なんとも言えない柔らかさを感じました。庭の植栽によるものか、玄関から直接庭に行けるクランクしたアプローチによるものか、20年以上の歳月によるものか、とにかく完成したてのRC打放し建築にはない雰囲気を感じました。
その後、阿部氏が道のかなたから登場し、家の中を案内いただきました。箱の中に箱が挿入されたシンプルな空間構成で、建具がほとんどありません。大小二つの吹抜けと、中心の箱が、見え隠れをつくるので、自分のお気に入りの場所を選択できるようです。一人暮らしの男が生活することを考えると、これほど心地よい空間はないとおもいました。しかし阿部さんはここで、お子さんを育てたはず。3人で暮らしたいたときの様子を伺うと、角がどれかしらの居場所になるそうで、お互いが疎ましく感じたときは、1階と2階の角に離れて居場所をつくっていたとのこと。固定席を持たない最近のワークスペースの考え方に近いと思いました。しかし、考えてみれば、日本での個室化が一般化したのは戦後からですから、完全に閉じこもらない住まいのほうが、日本人の感性にあっているのかもしれません。
参加者が全員そろったところで、阿部さんを中心に乾杯し、バーベキュー付きの飲み会に突入。前述したように、好きな居場所をそれぞれ選べるので、全員が心地よい場所を見つけてくつろいでいるようでした。中心のある家といえば、ペニンシェラキッチンでも有名です。キャスター椅子で移動しながら、調理から食事、そして洗い物までを流れるように作業ができます。一人ですと持て余してしまいそうですが、忙しい主婦(主夫?)が効率的な作業をするにはとてもよく考えられていると思いました。お酒がここにあったこともありますが、ここも人気の場所でした。
12時からスタートしたこの会は、18時過ぎまで続きました。空間の気持ちよさも当然ありましたが、阿部さんの人柄が参加者の腰をいつも以上に重くしたのは確実です。「中心のある家」堪能いたしました。(アーバン・ファクトリー/藤江創)

2014年11月
[活動報告]

11月5日(水)東京都江東区大島のLIXIL WINGビルにて開催された見学会に参加しました。参加者は8名。 LIXIL資料館では、「Safe Lifestyle Gallery (安全なくらしのギャラリー)」、最新住宅関連図書に加え、LIXIL保管の貴重な書籍が閲覧できるライブラリー、明治から現代までの住生活の変遷を見ることができるミュージアムを見学しました。 さらにその後、新製品の展示発表会にも参加し、設備機器やタイル等の現物を見て、触れて、体験してきました。写真はそのときの様子です。

[イベント情報]

荻津郁夫建築設計事務所20周年の展覧会を行います。

 会 期/2014年12月15日(月)〜12月21日(日)
 時 間/11:00 〜 18:00
 会 場/銀座澁谷画廊
東京都中央区銀座7-8-1
2014年8月
[活動報告]

7月21日(月祝)に、鎌倉設計工房が設計した「洲崎町の町家」の見学会を行いました。参加者は7名。 area045のメンバーでもある鎌倉設計工房の藤本幸充さんから詳細にわたり解説いただきました。また、入居者でありオーナー様からは、藤本さんに設計依頼をされた経緯から現在までお使いいただいた感想などをお話いただきました。
建築は、オーナー様の住戸を含めて、8住戸の賃貸集合住宅です。2階建ての住棟、中庭を挟んで、向かい合わせで配置されています。南側住棟は、メゾネットタイプの住戸が3つと階段室+エレベータ。北側住棟は、1階に共用スペースと1ルームタイプの住戸が1戸、2階に4住戸。特徴的なのは、小規模の賃貸集合住宅でありながら、共用スペースが充実していることです。1階の共用スペースには、システムキッチンを備えた大きなダイニングがあり、住人全員が集まって食事をすることができます。床は土間仕様になっていて、中庭のバーベキュースペースとバリアフリーで繋がりますので、使い勝手がよいそうです。現在は、隔週でお茶会や食事会を開催しているそうです。また、ヨガ教室などにも使える大きなレンタルスペースも備えていて、住人は小額で使うことができるそうなので、大人数の友人が訪れたときなどでも、気楽に使えそうです。
最近(2014/8/21時点)、北側住棟の1室が空いたそうです。多世代、他業種の方とコミュニケーションを取りながら一人暮らしを希望されている方は、「洲崎の町家」で検索してみてはいかがでしょう。場所は金沢八景駅から徒歩で10分弱です。


共用スペースのダイニング

中庭、左がメゾネット住戸
2014年6月
[イベント情報]

PDF

「2014夏LRTフォーラム
現実味を帯びてきた横浜のLRT〜都心臨海部再生マスタープランとは何か〜」

日時:7月12日(土) 午後1:30〜4:30
会場:横浜市開港記念会館6号室
参加費:1000円(正会員,学生:500円)
基調講演:森本章倫さん
パネリスト:荻津郁夫さん他
主催:NPO法人横浜にLRTを走らせる会,横浜の公共交通活性化をめざす会。

[活動報告]
5月28日(水)、area045で鎌倉散歩〜国宝円覚寺舎利殿・白井晟一晩年の仕事+サヨナラ?神奈川県立近代美術館を巡る〜を楽しみました(参加者15名)。
通常は一般公開されていない室町期の禅宗様の代表的建築、円覚寺舎利殿に加え円覚寺開山無学祖元の木像を祀る開山堂を見学させて頂き、その後、東慶寺ギャラリーに立ち寄り、平屋日本民家のタケル・クインデイチで本格的イタリアン料理を堪能、浄智寺に向かいました。
浄智寺の特別のご好意で、その庫裡にて、白井晟一独特の空間に身を置く貴重な体験をさせて頂いた後、今、取り壊しか保存かで話題になっている坂倉準三設計の神奈川県立近代美術館に向かい見学しました。

円覚寺舎利殿

浄智寺庫裡

神奈川県立近代美術館
2014年3月
[活動報告]
2014年2月14日(金)
メタボリズムの思想を通して、都市についての考え方を再認識することを目的としてメタボリズム建築見学会を行いました。
見学対象は、丹下健三「静岡新聞・静岡放送東京ビル」、黒川紀章「中銀カプセルタワービル」です。
インテリアまで見学することができ、貴重な機会となりました。
2013年12月
[書籍・雑誌掲載]
鈴木信弘さんが執筆した書籍が出版されました。
新聞でもベスト5に入りました。

「片づけの解剖図鑑」
著者:鈴木信弘
出版:(株)エクスナレッジ
定価:¥1,470
[Amazon]

2013年2月
[書籍・雑誌掲載]
西田 司 住宅特集 3月号 『筒の積み木』
[TV放映]
中村高淑さんが設計した住宅がTVで紹介されます。
日本テレビ「ヒルナンデス」(平日12:00-14:00)
2月28日(木)「美しが丘西の家(I邸)」
3月7日(木)「美しが丘西・T邸」
[受賞情報]

area045メンバーの保坂猛さんが日本建築家協会(JIA)新人賞を受賞しました。
受賞作品は「Daylight House 」。
宮さん、西田さんに続き3年連続でarea045メンバーが受賞いたしました。

2012年度 JIA各賞受賞作品が決定しました。(JIAのサイト)
http://www.jia.or.jp/news/domestic_news/detail.html?id=262

「Daylight House 」(保坂猛建築設計事務所のサイト)
http://www.hosakatakeshi.com/japanese/works-projects/daylight.html

[出版情報]

area045メンバーの神田雅子さんがユニット「つなが〜るズ」として本を出版しました。

くさる家に住む。(2/27発売予定)
https://www.rikuyosha.co.jp/products/detail4337/
2012年12月
[活動報告]

area045拡大幹事会、ならび忘年会を開催いたしました。
少人数ながらも拡大幹事会ではまじめに、忘年会では和気あいあいと、活動について議論することができ、様々なアイデアを意見交換しました。
そのなかのひとつ、新たな出版企画が立ち上がります。乞うご期待!
他に、「area045カフェ」を今期も継続して開催することとしましたが、1月は企画内容と講演者の都合が合わずに残念ながら開催に至りませんでした。
次回の幹事会にてイベントを企画を立案予定。おってお知らします。

・拡大幹事会
 日 時 12月26日(水)18:00 〜 19:00
 場 所 横浜開港記念会館 2号室
 参加者 野口伊東藤江服部神田中村

・忘年会
 日 時 19:30 - 21:30
 場 所 魚屋はちまき

2012年11月
[安田博道さんと行く黄金町ツアー(略称安黄ツアー) ]

10/26 黄金町に事務所を構えている環境デザイン・アトリエの安田さんによって、 黄金町の現在の姿・活動等について紹介して頂きました。

2012年9月
[受 賞]

第56回神奈川建築コンクールの入賞作品が発表され、以下の方々が受賞されました。

藤本幸充さん 住宅部門 優秀賞 「洲崎町の町家」
栗原正明さん 一般部門 優秀賞 「都筑が丘第二自治会館」
猛さん 住宅部門 優秀賞 「Daylight House」 
一般部門 優秀賞 「本郷台キリスト教会チャーチスクール・保育園」

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p513731.html

[パンケーキとカーフリーデー]

2012年9月22日、"045cafe"を行いました。
今回は、山下町に有る「パンケーキリストランテ」を尋ね、新しく増築された部分を設計された鎌倉設計工房の藤本幸充さんに建物を案内して頂き、担当所員の細入夏加さんにも加わって頂いて、パンケーキを食べながらいろいろとお話しを伺いました。
またそれに先立って「2012横浜カーフリーデー」を見学しました。

2012年8月
[横浜老朽建築の再生]

2012年8月29日 "045cafe"を行いました。
今回は、「横浜老朽建築の再生」ということで、諸我さんが手掛けたリノベーション巡り。
ご自身の足で眠っているビルを見つけ、企画・設計・監理までのお話しを、実際の現地を訪れ、行なって頂きました。

・K-ワークショップ
・インペリアルビル(諸我事務所)
・中華街中国茶カフェ「悠香房」
・中華街イタリアンレストラン「トレス」

[書籍・雑誌掲載]

今年6月28日に行われた045cafe「横浜の建築家が見た東日本大震災の被災地」が、
雑誌「建築技術9月号」のコラムで紹介されました。
発表者:中村高淑、神田雅子、西田司、藤江創、土田拓也
執筆者:栗原正明

[555cafe]

2012年7月27日 "555cafe"を行いました。
場所:no.555一級建築士事務所
発表:土田拓也さん、「僕のEU一筆書きの旅」

[書籍・雑誌掲載]

area045のメンバーが執筆した
建築知識8月号
特集企画 立体図で見る[木造住宅の納まり]図鑑
が7月20日より発売されています。
鬼太郎の表紙です。

この度の企画では
神田雅子 / アーキキャラバン建築設計事務所
北川裕記 / 北川裕記建築設計
中村高淑 / 中村高淑建築設計事務所
服部郁子 / amble建築設計事務所
藤江 創 / アーバン・ファクトリー
水口裕之 / 一級建築士事務所水口建築デザイン室
安田博道 / 環境デザイン・アトリエ一級建築士事務所
\ の7名が執筆を担当しました。

2012年6月
[横浜の建築家が見た東日本大震災の被災地レポート]

「横浜の建築家が見た東日本大震災の被災地」

2012.06.28に、045メンバーが見た被災地と題して、各々違った角度でのレポートを行ないました。

中村氏:日本建築家協会メンバーとして宮城の状況調査報告
神田氏:被災地の仮設住宅について
西田氏:石巻市の復興まちづくりについて
藤江氏:仮設住宅改善のボランティア活動について
土田氏:福島県の報道にない被災の実状について

045メンバー他、一般の方も交え、充実した報告会となりました。

[邸見学会レポート]

「邸見学会」

2012.05.12 邸見学会を行ないました。
設計時のプロセスから、現在住まわれている状況等、実際の建物の中で、ご本人から興味深いお話を聞く事ができました。

[書籍・雑誌掲載]
藤江 創 ディテール 193号 『飲み家 / 武蔵野市S邸』
[イベント情報]

「横浜の建築家が見た東日本大震災の被災地」

日時:2012年6月28日(木)、午後6:30〜8:30
場所:横浜市開港記念会館6号室
発表:中村高淑、西田司、他
主催:area045
参加費無料、事前予約不要
東日本大震災から1年と少しが経った機会に、area045に所属する横浜の建築家がそれぞれどのように被災地を見たのか、またどのようにそこと関わろうとしているのか、発表と議論の場を設けます。

2012年5月
[area045・10周年記念パーテイレポート]

area045・10周年記念パーテイ行われる!

お陰さまでarea045は10周年を迎え、その記念パーテイが4月18日、横浜クルージングクラブ・ハーバービューレストランで行われ、現役メンバーほぼ全員23名、OB7名、お世話になっているINAXから2名、計30名参加のもと、予想以上の盛り上がりの中で無事終わることが出来ました。

仲間宮 晶子・西田 司両氏のJIA新人賞2年連続受賞を祝い、報告された作品にも盛んな質問が続出。
area045・10年史が披露され、その内容の意外な豊富さに改めて気づくことになり、勇気づけられました。
横浜らしくarea045らしい場所でと選定を進めた、一寸辺鄙な埠頭はずれの会場も趣がありました。
2012年4月
[書籍・雑誌掲載]
横山敦士 最高に心地のいい住宅を
デザインする方法(エックスナレジ)
『is house』
2012年3月
[書籍・雑誌掲載]
横山敦士 大人の素敵インテリア・エクスナレッジ
2011年10月
[書籍・雑誌掲載]
安田博道 住宅特集 11月号 『方形の家2011』
[展示会]

ヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラム BankArtLifeV『新・港村』
に、宮 晶子さんが設計した住宅が展示されています。

http://shinminatomura.com/map/index.html
2011年9月
[書籍・雑誌掲載]
横山敦士 最高の間取りがわかる本・エクスナレッジムック 『is house』
2011年8月
[HP掲載]
宮 晶子さんの「house K」と「house I」がヨーロッパのデザインサイト
designboomに掲載されました。
http://www.designboom.com/weblog/keyword/studio-2A.html
2011年7月
[HP掲載]
北川裕記さんが板硝子協会/エコガラスHPに「W邸」が掲載されました。
http://www.ecoglass.jp/s_case/new/detail/newhouse201107.html
2011年6月
[書籍・雑誌掲載]
栗原正明 ディテール189号 『都筑が丘第二自治会館』
鈴木アトリエ 住まいの和モダン 弐 『house1300』
『川島町の家』
2011年5月
[雑誌掲載]
宮 晶子 コンフォルト6月号 『house I』
2011年3月
[受 賞]

宮 晶子さんが第22回JIA新人賞を「house K」で受賞いたしました。

http://www.jia.or.jp/member/award/newface/2010/miya.htm
2011年2月
[雑誌掲載]
鈴木アトリエ 住宅特集 3月号 『TUBO-SUBAKO』
増田 奏 「クロワッサン」(マガジンハウス) 2/25号(2/10発売)
「片づけられる人、片づけられない人」特集
この中に「モノの性格を知って、合理的に片づける」というタイトルで、
インタビューとイラストと、設計した住宅を訪問紹介した記事があります。
2010年12月
[HP掲載]
北川裕記WEBニューハウス 「磯田邸」
[書籍]
ゼロからはじめる建築知識 08 建築工事 area045「建築工事」編纂チームが執筆した書籍が出版されました!

書 名『ゼロからはじめる建築知識 08 建築工事』
著 者area045『建築工事』編纂チーム
神田雅子、服部郁子、青木恵美子、伊東智、土田拓也、
中村高淑 、藤本幸充、安田博道、横山敦士
発 行株式会社エクスナレッジ
内 容地盤から内装、設備まで。工事現場に行くときに知っておくべき内容を、豊富な図版でていねいに解説しています。
建築実務をはじめて間もない方、建て主さんにも、また、ベテランの現場実務 者や設計者の方々の再確認用にも最適です。
(本書は「世界で一番やさしい建築材料」を再編集および加筆・修正したものです。)
http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/76781043

2010年10月
[雑誌掲載]
豊田 悟 SUMAI no SEKKEI 11.12月号『菅生の家』
2010年9月
[第2回 area Talk Bar レポート]

日時:2010年9月14日(金)18:00〜20:00
場所:馬車道 大津ギャラリー

第2回目のarea Talk Barを、「大津ギャラリー」にて開催しました。出席者は21名、今回は室伏次郎氏をお招きし、「インドで考えたこと」をテーマにトークをして頂きました。

主なお話は、インドを旅して撮られた150枚余りの写真を観ながらの、コルビュジェの都市計画、単体の建築を中心にさらにインドの街並や情景、建築についてで、熱心に聞き入りました。
訪れたところは3都市で、アーメダバードでは「繊維業会館」「サラバイ邸」等とルイス・カーンの「インド経営大学」との違い、そして地下宮殿のようなステップウェルや街の景観など。
チャンディガールでは議事堂や裁判所に比べて、都市計画は均質的。
さらに、それとは対極的なオールドデリーの混沌とした街並は衝撃的でした。
人間のための建築を考え続けたコルビュジェ。ヨーロッパでの建築よりはもっと外部に開かれた建築をインドにおいて開放されて実現したのでは、というお話でした。

トークの後は室伏氏を囲んで、インドの旅についてやコルビュジェの建築論など、有意義なひと時を楽しみました。

[HP掲載]
『アートウェブマガジン ヨコハマ創造界隈』に宮晶子さんのインタビューが
掲載されました。
http://www.yaf.or.jp/yccmag/vol7/index.html
2010年8月
[area Talk]

第2回目は室伏次郎氏が今まで封印していたインドの旅で感じた事を思うままに語る。 ル・コルビジェの弟子である坂倉準三。さらにその所員であった室伏氏自身は ル・コルビジェの孫弟子。コルビジェのインドの都市計画、単体の建物、 旅の情景など今回のインドの旅で室伏氏が感じたままに語っていただきます。
ワイン片手に室伏氏のトークを楽しみましょう。多くの方のご参加お待ちしています。

日 時 :2010年9月14日(金)18:00〜20:00
場 所 :馬車道 大津ギャラリー
横浜市中区南仲通4-43 馬車道大津ビル内
みなとみらい線馬車道駅より徒歩すぐ
JR根岸線、市営地下鉄ブルーライン桜木町駅、関内駅より徒歩7分
会 費 :1,500円(ドリンク&つまみ付き)
定 員 :35名程度
申込先 :area045@mbr.nifty.com

[雑誌掲載]
豊田 悟 ニューハウス「住み心地のいいモダンナチュラルな家 2」『長谷の家』
[HP掲載]
北川裕記日経新聞電子版『O邸』
2010年7月
[第1回 area Talk Bar レポート]

日時:2010年7月2日(金)18:00〜20:00
場所:馬車道 大津ギャラリー

今回は、増田奏さんの「住まいの解剖図鑑」出版記念ということで、トークをして頂きました。

内容は、出版に至るまでの経緯や、本を作る時の大変な作業やエピソード。  そのプロセスは建築設計と相通ずるものがあるそうです。 そして、表紙や内容を写真でなく挿絵にした話等、肩肘はらずの気さくなトークでした。 その後は日本の住宅史や吉村順三の住宅の取り組みなど、ここしか聞けない話など盛り沢山。 あっという間に2時間以上が経ち、久々に住宅・建築論議で楽しく、有意義な時間を過ごしました。

[雑誌掲載]
豊田 悟 ニューハウス「間取りの良い家32例 PART2」『大森の家』
2010年6月
[インテリア講座]

■インテリア講座 6月赤坂でスタート!
自分スタイルのインテリアを作りませんか!?
2006年からスタートしているAAプランニング主宰の【インテリア教室+i.style】が新スタジオでスタートします!
インテリアはセンス(感覚)だけではありません。センスにもルール(法則)があります。
インテリアのセオリーを学んで、お気に入りのインテリアで暮らしましょう。

日時 2010年6月30日〜毎週水曜 11:00〜12:30全6回(6/30,7/7,14,21,28最終回は2回分)
場所  港区赤坂1−12−32 アーク森ビル3FサンゲツSR
受講費 60,000円(材料費別途10.000円)
内容 インテリアをルールにもとづいてスタイル分類
 1、インテリアルールのレクチャー、スタイルの確認
 2、クラシックスタイルのレクチャー&ワーク
 3、ナチュラルスタイルのレクチャー&ワーク
 4、モダンスタイルのレクチャー&ワーク
 5、トレンドスタイルのレクチャー&ワーク
 6、マイインテリアスタイルつくり
詳細は http://www.aaplan.com/aass/
申込先 aass@aaplan.com
[area Talk]

第1回目は増田奏さんの出版記念をかねてみんなでワイワイ話してみよう!
昨年出版された増田さんの「住まいの解剖図鑑」は、大好評で今年のベストセラーになりそうな勢いか(?)増田さんの本を持って集まろう!
きっと面白いお話 たくさん聞けますよ!
是非、ご出席ください。

日時 2010年7月2日(金)18:00〜20:00
場所 馬車道 大津ギャラリー
会費 1,500円(ドリンク&つまみ付き)
定員 35名程度
申し込み先  area045@mbr.nifty.com
[雑誌]
鈴木アトリエ 建築知識 2010年6月号一発で決める[プレゼン・契約]
[書籍]
鈴木アトリエがJIA Architect of the Year 現代日本の建築家 -優秀建築選2009- に掲載されました。
2010年5月
[書籍]
青木恵美子さんが執筆した書籍が出版されました。
「窓からはじめる住むだけでストレスが消える家」
著者:青木恵美子
出版:幻冬舎
定価:¥1,260
[住まいづくりレッスン]
青木恵美子さんが、気軽に家づくりを楽しむマイホームレッスンを開始しました。
住まいづくり、住まい素材、キッチン、窓/ウィンドートリートメント、収納・家具の5レッスンを行います。
http://www.aaplan.com/style/
2010年4月
[雑誌掲載]
中村高淑 EDGE 2010年5月号(別冊付録)『金森の家』
安田博道 チルチンびと 2010 MAY 60号『松ヶ丘の家』
[受 賞]
宮 晶子さんが26回新建築賞(吉岡賞)を「house I」で受賞いたしました。
住宅特集4月号に、詳細が発表されております。
2010年3月
[HP掲載]
青木恵美子さんが「ネスカフェ ヘルシーライフ プレゼント」のデザイン監修しました。
http://jp.nescafe.com/healthy/
プレスリリース(PDF)
[スクール開設]
青木恵美子さんが 暮らしのプロを養成するスクールを開設しました。
AASスクール  http://www.aaplan.com/aass/
[雑誌掲載]
青木恵美子 ホームプランニング2010/1-3『「住宅建築の名手が建てた家」
風土になじみ風景にとける家』
2010年1月
[横浜ZAIM期間限定展示『オンデザイン カフェ』]

設計事務所「オンデザイン」の日常や普段のプレゼン内容を身近に感じてもらう展覧会です。お茶を飲み、くつろぎながら、模型、スケッチ、プレゼンブック、完成後の施主アンケートや対談文、掲載誌などをご覧頂けます。

またカフェトークとしてお施主様や編集者、関係者との公開ヒアリング、公開座談を予定しております。

「カフェトークゲスト」
 小林秀雄 ( 深大寺の家施主 / 5日 13:00〜 )
 志伯健太郎( CMプランナー / 5日 17:15〜 )
 常安 有希 ( Floating BOX施主 / 6日 13:00〜 )
 青野尚子 ( 編集・ライター / 6日 14:00〜 )
 河野正樹 ( 紅葉坂の家施主 / 7日 15:00〜)
 倉方俊輔 ( 建築史家 / 7日 16:30〜 )
 佐々木理香( 建築家マッチンガー / 未定)

日程/2月5日(金)〜2月7日(日)
時間/10:00〜18:00(5日 18時〜 OPパーティ開催!)
入場料/無料
場所/ZAIM 1Fギャラリー
http://za-im.jp/pdf/map061113.pdf
みなとみらい線「日本大通駅」徒歩2分
JR「関内駅」徒歩5分

※カフェトークの詳細はHPで公開
※2月5〜7日の各日は西田司とオンデザインのスタッフが会場案内致します。
※2月3〜4日の2日間は、プレオープン日として内覧可能です。

問い合わせ先
オンデザイン(担当/加藤)
e-mail kato@ondesign.co.jp
tel 045-650-5836 

[雑誌掲載]
池和田有宏 SUMAI no sekkei 3月号『神奈川Kさんの家』
豊田 悟 My home+ VOL.19『平和台の家』
[「団地サイコー:横浜の建築家が団地を変える」展開催中]

古い団地のリノヴェーションの魅力を広く伝える展示会が、INAX横浜ショールームで開催中です。期間は1/9(土)から1/15(金)(水曜日休館)。ひとつのモデルルームを9人の建築家が思い思いに改装した案を一挙に展示しています。また団地を素敵に住みこなしている方々への取材など盛りだくさんです。団地やマンションのリフォーム、購入をお考えの方に新しい選択肢として古い団地の可能性を開きます。ぜひ足をお運びください。

2009年12月
[団地サイコー:横浜の建築家が団地を変える]

老朽化した団地の新しい住みこなし方を、横浜の建築家たちが提案します。団地を新しくリノベーションした事例なども紹介しながら、古い団地を再考し、最高に活用する道を探ります。古い団地の住戸を所有の方はもちろん、これからマンション購入をお考えの方にも、新しい選択肢として古い団地のリノベーションの魅力をお伝えします。

展示期間:1/9(土) 〜 1/15(金) 10:00-17:00(水曜休館)

入場料:無料

会場:INAXショールーム:横浜
〒220-0012神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-6
TEL : (045)662-1401

参加建築家:
青木恵美子(A・Aプランニング)
池和田有宏(池和田建築設計室)
栗原正明(栗原正明建築設計室)
後藤武(後藤武建築設計事務所)
高橋晶子(ワークステーション)
藤江創(アーバン・ファクトリー)
諸我尚朗(アトリエアルク)
安田博道(環境デザイン・アトリエ)
横山敦士(ヨコヤマデザイン事務所)

イベント:
・1/9(土)13:30-16:30 
インテリア模型ワークショップ
(有限会社 A・Aプランニング・青木恵美子)

・1/11(月)15:00-16:30 
講演会「団地再考」
門脇耕三氏・首都大学東京 大学院 都市環境学環 建築学域 助教

[勉強会]
日時2009年12月8日(火) 午後7:30〜8:30
場所INX横浜ショールーム 3階会議室
ゲスト谷本文子氏 (カーフリーデージャパン、アトリエUDI都市設計研究所)
タイトル 「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー」

12月8日19:30から、カーフリーデージャパンの谷本文子さんにお越しいただき、カーフリーデーのヨーロッパにおける事例や、日本での展開の仕方についてお話をしていただきました。ヨーロッパの各都市が深刻な車公害から脱しつつある姿をご紹介いただき、翻って日本の現状が浮き彫りにされました。車社会を前提にして計画された日本の都市において、どのようにしてカーフリーデーの思想を普及させていけばいいのかが議論の中心になりました。写真は、勉強会のあとに続けて行われた中華街天龍菜館での忘年会で、リラックスムードの谷本さん。

2009年11月
[雑誌掲載]
池和田有宏 住まいの設計 1月号『Sさんの家』
『Aさんの家』
[書籍]
増田 奏さんが執筆した書籍が出版されました。
1)住宅設計を学ぶ学生の方
2)住宅設計に携わる若い方
3)自宅を計画中の一般の方
むけのイラスト本です。

「住まいの解剖図鑑」
著者(絵と文):増田奏
出版:(株)エクスナレッジ
定価:¥1890

[area045 三渓園 遊園会]

日時:2009年9月18日(金)13:30〜17:00
場所:横浜 三渓園 月華殿・金毛窟

area045では、お茶会を企画していましたが、亭主をお願いしていた先生の都合により、園遊会として企画変更されました。一部は東京大学特任研究員である内藤まりこ氏による講演。二部ではarea045メンバー青木恵美子プロデュースによる懐石料理を堪能しました。

内藤氏によるお話の題名は「さまよえる鳥の飛び立つ場所ー詩(うた)と庭との交響圏」。三渓園に滞在したことがあるインドの詩人タゴール、その三溪園の庭から生み出された詩に導かれながら、詩(うた)が生み出される場所としての庭の歴史を古代まで遡るお話でした。日本最古の造園書「作庭記」の新しい解釈を通して、庭と詩とが響き合う関係をお話ししていただきました。三渓園という場所にふさわしいお話を聞くことが出来ました。

二部はリラックスした楽しい食事会でした。メンバー青木恵美子さんが花をいけたり、栗原正明さんの書を軸として掛けたりした月華殿・金毛窟は、生き生きとした空間となりました。これは普段の重要文化財見学では、味わえない感覚でした。同じ催しでも違う空間だと全く違ったものになったと思います。やはり空間の力はすごいものです。普段の日常から少し離れて開放的な気分になる、素晴らしい空間体験でした。

2009年10月
[雑誌掲載]
豊田 悟 建築知識 11月号『平和台の家』
2009年8月
[area045 茶会企画打合せレポート]
第一回:6月23日(火)18:00〜22:00
第二回:7月22日(金)18:40〜22:00
第三回:8月29日(土)予定

area045による、お茶会企画の進捗状況を報告します。
今回の企画は、三渓園の月華殿+金毛窟を借切って行う予定です。亭主として、中山先生を招く予定ですが、亭主補助として木島先生にもお越し頂くことになりました。
写真は、中山先生、木島先生、とエリアの幹事が打合わせている様子です。
この企画は、月華殿【重要文化財】と 金毛窟 という大変魅力的な日本建築を鑑賞するだけでなく、茶を通して身体の作法、空間をセットで体験することで茶空間、日本建築の魅力を 体で感じて頂くことが目的です。

茶会
場所:三溪園 月華殿+金毛窟
日時:9月18日10:00〜17:00

月華殿
【重要文化財】1603年(慶長8年)建築 <貸出施設>
初代徳川家康により、京都伏見城内に建てられたものといわれています。 1918年(大正7年)に春草廬と共に移築されました。三溪が建てた金毛窟とつながっています。

金毛窟
1918年(大正7年)建築 <貸出施設>
三溪が建てた一畳台目(いちじょうだいめ)の極小の茶室です。
[area045 夜会]
日時:8月7日(金)18:00〜22:00
場所:ヨコヤマデザイン事務所

area045では、不定期に情報交換を兼ねた勉強会をひらいています。
今回のテーマは、「植栽と造園」でした。造園設計施工管理の会社「(株)暖壇」で活躍されている茂木信氏をゲストにお招きしました。前半はarea045メンバー増田奏の物件で茂木氏が施工された庭のスライドを見ながら解説していただきました。後半は、造園・植栽に関する日頃の疑問・質問に答えていただきました。茂木氏の豊富な知識と暖かい人柄のおかげで、楽しいく熱のある勉強会になりました。
今後も不定期ではありますが、このような夜会をひらきますので、興味のあるテーマの時には、ご参加ください。
2009年7月
[雑誌掲載]
藤江 創 すまいろん 2009 夏号『In BOX Project #01
−足立区S邸−』
宮 晶子 住宅特集 8月号『house I』
2009年6月
[雑誌掲載]
宮 晶子 CASA BRUTUS 7月号『house K』
2009年5月
[雑誌掲載]
中村高淑 ガレージのある家 15『秦野の家』
中村高淑 月刊HOUSING 2009年6月号『杉戸町の家』
中村高淑 はじめての家づくりNo.13『上尾の家』
2009年4月
[雑誌掲載]
横山敦士 My home+ VOL.16『is house』
池和田有宏 My home+ VOL.16『池和田邸』
宮 晶子 デザインの現場 4月号『house I』
2009年3月
[書籍]
世界で一番やさしい建築材料 110のキーワードで学ぶ 08 area045「建築材料」編纂チームが執筆した書籍が出版されました!

『世界で一番やさしい建築材料 110のキーワードで学ぶ 08』
著者:area045「建築材料」編纂チーム
発行:エクスナレッジ
内容:建築現場で使われる材料類を工事順に解説!建材選びのポイントを現場の流れに沿って把握できます。
http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/76780842

2009年1月
[雑誌掲載]
池和田有宏 My home+ VOL.15
いい間取りの新スタイル'09
『片山邸』
横山敦士 My home+ VOL.15
いい間取りの新スタイル'09
『is house』
2008年12月
[雑誌掲載]
宮 晶子 JA12月号 YEAR BOOK2008『house K』
2008年9月
[雑誌掲載]
宮 晶子 新建築 9月号『house K』
2008年7月
[HP掲載]
青木恵美子ライフスタイルネット.com 『心地よい緊張感が漂う家』
青木恵美子日経BP 『せいひん探訪 トーヨーキッチン編』
[雑誌掲載]
青木恵美子 ホームシアターファイルVol.48 『伝統と革新が共存する美しきデザインの競演』
2008年6月
[雑誌掲載]
池和田有宏 新しい住まいの設計 8月号『樹々と暮らす日々(逗子市S邸)』
2008年4月
[雑誌掲載]
中村高淑 はじめての家づくりNo.10『金森の家』
中村高淑 LEE 5月号『金森の家』
鈴木信弘 月刊ハウジング
「住まいの実例セレクション50」2008年版
『茅ヶ崎 音楽室のある家』
2008年3月
[雑誌掲載]
豊田 悟 Memo メモ・男の部屋 5月号『仲町台の家』
2008年2月
[雑誌掲載]
豊田 悟 Memo メモ・男の部屋 4月号『菅生の家』
2007年12月
[HP掲載]
青木恵美子ライフスタイルネット.com「プラズマテレビおすすめ家具」を紹介しています。
[雑誌掲載]
豊田 悟 田園都市生活 vol.27『菅生の家』
2007年11月
[雑誌掲載]
二宮博+菱谷和子 LiVES VOL.36『RIDGE』
2007年10月
[area045 横浜の建築家 住宅作品展]
area045作品展ポスター
久々に私たちarea045の[作品展]を開催します。
今回の住宅作品展は、単に最終的に出来上がった作品例を紹介するだけにとどまらず、 こんな解決法も有るのだと言うような例や、 そこに至るまで我々が試行錯誤で遂行している 普段表に出さない努力のプロセス等を感じ取ってもらったり、 単なる一般の住宅作品展を越えられる展示を目的として開催することにしました。
どうか、気軽にお立ち寄りください。

 『area045 横浜の建築家 住宅作品展』
 会 期/2007年10月5日(金)〜10月11日(木)
 時 間/10:00 〜 20:00
 会 場/横浜そごう9F シビルプラザ

 会 期/2007年10月15日(月)〜10月21日(日)
 時 間/11:00 〜 19:00
 会 場/クィーンズモール2F みなとみらいギャラリーC

展示会場
横浜そごう9F シビルプラザ
[展示会]
安田博道さんが『建築家のあかりコンペ作品展示及び公開審査』に出展しています。

『建築家のあかりコンペ作品展示及び公開審査』
会 期/2007年10月19日・20日 10:00-17:00(19日の10:00-12:00公開審査)
会 場/東京国際フォーラム ロビーギャラリー(ガラスのアトリウム地下1階)

http://www2.lighting-daiko.co.jp/jia/index04.html
http://www.jia.or.jp/2007tokyo/pub_program.html

2007年9月
[雑誌掲載]
豊田 悟 田園都市生活 vol26『二子玉川の家』
2007年8月
[展示会]
ステューディオ2アーキテクツ(二宮博+菱谷和子)、西田 司が『モダンリビング創刊55周年記念展 55houses-西の家、東の家』に出展しています。

『モダンリビング創刊55周年記念展 55houses-西の家、東の家』
会 期/2007年8月29日(水)〜9月10日(月) 入場無料
会 場/松屋銀座7階デザインギャラリー1953

2007年7月
[雑誌掲載]
豊田 悟 新しい住まいの設計 9月号『綱島の家』
伊東 智 New HOUSE 9月号『大きな空の家』
2007年6月
[TV放映]
鈴木信弘 はなまるマーケット
6月29日(金)AM 9:30 〜放送
『篠原東の家』
二宮博+菱谷和子渡辺篤史の建もの探訪
6月24日(日)AM 6:00 〜放送
『TROLLEY』
[雑誌掲載]
二宮博+菱谷和子 新しい住まいの設計 8月号『TROLLEY』
豊田 悟 New HOUSE 8月号『長谷の家』
2007年5月
[雑誌掲載]
二宮博+菱谷和子 エスクァイア日本版 7月号『GAP』
二宮博+菱谷和子 住宅特集 6月号『TROLLEY』
豊田 悟 ミセス 6月号『海老名の家-1』
2007年4月
[雑誌掲載]
豊田 悟 光と風を感じる家 LEE LIVING『杉並区T邸』
『練馬区H邸』
二宮博+菱谷和子 男の隠れ家 6月号『TRIPOD』
二宮博+菱谷和子 モダンリビングNo.171『TRICOT』
安田博道 住宅特集 5月号『松ヶ丘の家』
豊田 悟 湘南スタイル 5月号(季刊第29号)『材木座の家』
[TV放映]
鈴木信弘テレビ朝日
「豪邸・珍邸・こだわりの家〜自慢の我が家大公開」
4月15日 14:00〜
『東京O邸』
2007年1月
[雑誌掲載]
鈴木信弘 Memo 男の部屋 3月号『茅ヶ崎の家』
豊田 悟 New HOUSE 3月号『大森の家』
2006年12月
[展示会]
安田博道さんが『とうめいのかたち展』に出展します

『とうめいのかたち展』
会 期/2006年12月10日(日)~12月24日(日)木曜定休
時 間/11:00 〜 20:00
会 場/デザインショップ麻布店
    東京都港区南麻布2-1-17

詳細につきましてはこちらをご覧ください

[雑誌掲載]
青木恵美子 ニューハウス『空間の質を高める
 カーテン・ブラインド』
二宮博+菱谷和子 55人の建築家ファイル
豊田 悟 家づくりの基礎知識 2007年版『久我山の家』
2006年10月
[雑誌掲載]
二宮博+菱谷和子 住宅特集11月号『TRICOT』
豊田 悟 別冊新しい住まいの設計
家事が楽しくなるキッチン&極楽バスルーム
『稲城の家』
2006年9月
[雑誌掲載]
豊田 悟 月刊ニューハウス
増刊号 長閑(のどか)
『大磯の家』
2006年8月
[TV放映]
藤本幸充完成!ドリームハウス
9月3日(日)放送
『千葉T邸』
[雑誌掲載]
中村高淑 ガレージのある家7『新羽町の家』
中村高淑 別冊プラスワンリビング「予算内で賢く家を建てるコツ」『仲手原の家』
中村高淑 ニューハウスムック「素足で暮らす木の家」『狛江の家』
2006年6月
[セミナー]
青木恵美子がセミナー講師を行います。
日 時 :7/8(土)11:00 〜 13:00
題 目 :セルフインテリアコーディネートの世界へ
場 所 :六本木プリンスホテル
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
青木恵美子がセルフインテリアコーディネート教室「 +i.style 」を開催しました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
2006年3月
[雑誌掲載]
伊東 智 モダンリビング『SAIKORO YARD』
宮 晶子 住宅建築 3月号『那須の山荘』
『静岡・城東町の家』
宮 晶子 confort 4月号『ZEBRA chair』
2006年2月
[雑誌掲載]
中村高淑 ニューハウス・ムック「1000万円台で家を建てる!Vol.2」『仲手原の家』
中村高淑 ガレージのある家6『新羽町の家』
中村高淑 エイムック「1000万円台で建てる家」『黒須田の家』
鈴木信弘 日経ホームビルダー2006年3月『キセカエタテグ(着せ替え建具)』
鈴木信弘 New HOUSE 5月号『Sさんのお宅』
豊田 悟 世界で一番自分らしい家 vol.4『浜田山の家』
豊田 悟 新しい住まいの設計 4月号『駒澤大学の家』
北川裕記 新しい住まいの設計 5月号『M邸』
2005年12月
[雑誌掲載]
宮 晶子 iA/interiorARCHITECTURE『ZEBRA chair』
鈴木信弘 階段-カイダンっておもしろい!
中村高淑 階段-カイダンっておもしろい! 『狛江の家』
中村高淑 New HOUSE 1月号 『逗子の家』
2005年11月
[展示会]
ワークステーション(高橋 寛+高橋晶子)、安田博道、宮 晶子、西田 司が『BankART Life』に出展しています。

 BankART Life 24時間のホスピタリティー
  〜展覧会場で泊まれるか?〜

会 期/10月28日(金)〜 12月18日(日)
時 間/1部 11:30 - 19:30 (金曜日は22:00 まで)
    2部 19:30 - 翌10:00
会 場/BankART1929 Yokohama
    BankART Studio NYK

入場料・1部 2部共
    900 円 (当日) 600 円 (前売り)
    横浜トリエンナーレとの共通チケット2,100円

[雑誌掲載]
栗原正明 住宅建築 12月号『横浜S台の家』
増田 奏ランドスケープデザイン
45号(隔月12月号)
『本牧の家/東上野の家』
2005年10月
[雑誌掲載]
藤本幸充木の家に暮らす 12月号別冊『鎌倉腰越の家』
2005年9月
[受 賞]
西田司、鈴木信弘、藤本幸充が2005年 第50回 神奈川建築コンクールで
奨励賞を受賞しました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください
鈴木信弘、西田司が2005年 JIA建築大賞200選に入賞しました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください
2005年8月
[雑誌掲載]
田井勝馬日経アーキテクチュア
7月11日号
『コートデコ尾山台』
田井勝馬新建築 8月号『コートデコ尾山台』
2005年7月
[書籍掲載]
二宮博+菱谷和子ステューディオ2アーキテクツ設計「BARREL」についての建築評論が紹介されています。
『現代建築のパースペクティブ
  - 日本のポスト・ポストモダンを見て歩く - 』
五十嵐太郎著
光文社新書
http://www.kobunsha.com/book/HTML/sin_03315_6.html
[TV放映]
宮 晶子 7/22(金)Design channe
TV東京 03:15〜03:45
(金曜深夜/土曜早朝)
『漆の設計展』
[展示会]
宮 晶子が『漆の設計展』に出展します

『漆の設計展』 - URUSHI X 12 designers
12人の建築家・デザイナーが山中漆器の伝統技法を用いデザインした漆の道具たち

会 期/2005年7月9日(土)〜7月31日(日)
時 間/11:00〜20:00 (木曜定休)
会 場/デザインショップ麻布店
    東京都港区南麻布2-1-17

詳細につきましてはこちらをご覧ください

[雑誌掲載]
area045住宅建築 8月号『第39回全国建具展示会/
 6人の建築家が考えた建具』
北川裕記新しい住まいの設計 9月号『K邸』
2005年6月
[展示会]
建築Week2005「模型の力」JIA神奈川新人展に神田雅子、鈴木信弘、
中村高淑、宮晶子、安田博道、横山敦士が出展します。

会 期/2005年6月13日(月)〜6月19日(日)
時 間/11:30〜19:00(6/13は15:00〜.6/19は〜16:00)
会 場/BankART Studio NYK
   (神奈川県横浜市中区海岸通3-9)
   横浜みなとみらい線「馬車道駅」出口6「万国橋口」徒歩4分
※駐車場なし
※入場無料

 ※詳細につきましてはこちらをご覧ください。

第50回全国建具組合連合会・神奈川大会の第39回全国建具展示会に
area045の「6人の建築家が考えた建具」が出展されます。
 参加建築家
 栗原正明  鈴木信弘  鈴木洋子  
 宮晶子横山敦士安田博道

会 期/2005年6月18日(土)〜6月20日(月)
時 間/9:30〜17:00
会 場/パシフィコ横浜展示ホールA
※入場無料

 ※詳細につきましてはこちらをご覧ください。

[雑誌掲載]
鈴木信弘木の家がいちばんVol.6『大口の家』
二宮博+菱谷和子モダンリビングNo.161『現代を駈ける建築家 4
  二宮博 菱谷和子』
2005年5月
[TV放映]
豊田 悟渡辺篤史の建もの探訪
5月28日(土)放送
『稲城の家-2』
2005年4月
[雑誌掲載]
荻津郁夫住宅特集5月号『aob』
横山敦士My home+ 春号『k house』
二宮博+菱谷和子プレシャス5月号『GAP』
[セミナー]
4月28日、神田雅子がセミナー講師を行います。
題 目 :「設計者の考える快適性-木とローテクな仕掛け」
場 所 :東京大学弥生講堂会議室(東京大学農学部内)
http://www.jspa.net/bukai.html
2005年3月
[雑誌掲載]
豊田 悟新しい住まいの設計5月号『浜田山の家』
豊田 悟New HOUSE ムック
1000万円台で家を建てる!
『材木座の家』
鈴木信弘New HOUSE 5月号『篠原の家』
2005年2月
[イベント情報]
トステム&INAX合同展示会「暮らしUP!2005」
2月19日(札幌)〜6月11日(金沢)まで全国10会場で開催。

鈴木信弘がリフォーム実物大展示でライフスタイル提案とセミナーを行います。
[雑誌掲載]
豊田 悟新しい住まいの設計4月号『稲城の家-2』
鈴木信弘月刊建築知識2005年2月号部屋別でわかりやすい「内装設計」ディテール便利帳執筆
二宮博+菱谷和子モダンリビングNo.159『GAP』
2005年1月
[雑誌掲載]
中村高淑New HOUSE 3月号『仲手原の家』
2004年12月
[TV放映]
西田 司渡辺篤史の建もの探訪
12月4日(土)放送
『パイナップルハウス』
[雑誌掲載]
豊田 悟「通販生活」2005年 春号下足収納について
北川裕記新しい住まいの設計2月号『W邸』
2004年11月
[HP掲載]
西田 司日本経済新聞社NIKKEI NET『龍ケ崎の家』
[雑誌掲載]
二宮博+菱谷和子新しい住まいの設計1月号『石川さんのいえ』
豊田 悟New HOUSE 1月号『あざみ野の家』
area045室内11月号-横浜の建築家による県産間伐材を使った椅子・住宅展-
2004年10月
[HP掲載]
横山敦士日本経済新聞社NIKKEI NET『as house』
[受 賞]
アーキキャラバン建築設計事務所がデザインしたプロダクト第1弾。
スノーウイング(雪止め)が、2004年グッドデザイン賞を受賞しました。
・スノーウイング専用ホームページ:http://www.snow-wing.jp
[TV放映]
二宮博+菱谷和子渡辺篤史の建もの探訪
10月16日(土)放送
『BARREL』
[雑誌掲載]
豊田 悟LEE LIVING(集英社)
暮らし上手のリビングキッチン
『久我山の家』
二宮博+菱谷和子エスクァイア12月号『BARREL』
豊田 悟月刊ハウジング12月号『多摩の家』
area045新建築2004年10月号-横浜の建築家による県産間伐材を使った椅子・住宅展-
豊田 悟LEE 11月号『練馬区M邸』
横山敦士Memo 男の部屋11月号『青葉台・as house』
2004年9月
[展示会]
宮晶子がSDレビューに出展します。
http://www.kajima-publishing.co.jp/

[東京展]
会 期/2004年9月15日(水)〜9月26日(日) 土、日、祝日も開催
時 間/12:00〜19:00(最終日は16:00まで)
会 場/東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟ヒルサイドフォーラム

[大阪展]
会 期/2004年9月30日(木)〜10月13日(水) 土、日、祝日も開催
時 間/10:00〜17:30
会 場/大阪府南河内郡河南町東山469 大阪芸術大学総合体育館・体育館ギャラリー
[ラジオ出演]
FMラジオ[サントリー・サタデー・ウエイティング・バー]に中村高淑が出演中!

・放送日 :9/11(土)から9月と10月に4〜5回位に分けてオンエアー予定。
・放送時間:毎週土曜日 17:00〜18:55(青森は19:00〜、長崎は18:00〜)
・放送局 :TOKYO-FMをキーステーションに全国FM32局ネット
[雑誌掲載]
中村高淑ニューハウス・ムックNo.94『狛江の家』
二宮博+菱谷和子LiVES 2004OCT VOL.17『BARREL』
中村高淑月刊HOUSING 10月号『加賀原の家』
中村高淑はじめての家づくりBOOK No.29『仲手原の家』
[HP掲載]
二宮博+菱谷和子日本経済新聞社NIKKEI NET『BARREL』
2004年8月
[雑誌掲載]
野口泰司NEW HOUSE10月号『木の家6/都市の山荘』
二宮博+菱谷和子住宅特集9月号『BARREL』
二宮博+菱谷和子MEMO男の部屋10月号『FLATS A+B』
豊田 悟美生活9・10月号『稲城の家 II』
2004年7月
[雑誌掲載]
横山敦士住宅特集8月号『as house』
中村高淑田園都市生活vol.13『田奈の家』
横山敦士住まいの100選37号『調布・n house』
[講 演]
7月10日、青木恵美子が講演を行います。
http://www.tokyokenchikushikai.or.jp/event/120.htm
[TV放映]
室伏次郎渡辺篤史の建もの探訪
7月3日(土)放送
『平町の家』
2004年6月
[TV放映]
甲村健一完成!ドリームハウス
6月27日(日)放送
『四季のある家』
[掲載雑誌]
野口泰司ウッディライフ107号『夏涼しく冬暖かい家』
鈴木信弘SIGHT Vol.20.2004『上池台の家』
二宮博+菱谷和子モダンリビングNo.155『FLATS A+B』
2004年5月
[展示会]
『神奈川県産間伐材を利用したarea045建築家による椅子展』ただいま準備中!
展示会は9月の開催を予定!(下記写真は制作の様子です。)
      
[掲載雑誌]
甲村健一建築設計資料
コーポラティブハウス
『矢賀ストリート』
甲村健一関東の建築家インデックス2004『土間のある家』他
横山敦士Memo 7月号『調布・n house』
中村高淑NewHOUSE 7月号『黒須田の家』
野口泰司郊外に暮す幸せ!『人の集まる家』
豊田 悟プレシャス 6月号『氷川台の家』
豊田 悟NewHOUSE 7月号『二子新地の家』
2004年4月
[掲載雑誌]
甲村健一現代日本の建築『成城の家』他
二宮博+菱谷和子LiVES 4・5月号『GAP』
安田博道住宅特集 5月号『K-Container』
中村高淑NewHOUSE 6月号『おすすめローコスト設備』
中村高淑ガレージのある家3『妙蓮寺の家』
豊田 悟世界でいちばん自分らしい家『杉並T邸』